食に関するあれこれを

現代の食品の安全性について考えてみましょう

食品とは人間が栄養を摂取すために食べる品物の総称です。
大きく分けますと生鮮、動物性、植物性、加工食品、調味料などです。
そして生物にとって食べることは快楽につながるため、食品には嗜好品としての要素があります。
例えばおいしくて暖かい食事など人間は嗜好品を摂取することで喜びを感じます。
現代では食べ物が十分に足りているため、よりおいしく食べたいと言った嗜好品の特色が強くなってきています。
ですから販売や加工業者はより質の高い商品の提供に努力している傾向にあります。
昔は食べ物と言えば食事をする前に調理をすることが当たり前でしたが、文明の発達に伴い食べ物を加工する技術が生み出されました。
産業の発達に伴って、企業はより高い業績の向上を目指すため、よりコストダウン出来る方法であったり、大量生産が出来る研究をしてきました。
そして添加物のような加工材料を多く使用した食べ物や農薬の使用が進み、人体への影響が懸念されるようになりました。
現代ではこういったファーストフードのような手軽な食べ物が良いのかどうかということが議論されるようになり、イタリアのスローフードをきっかけに農薬を使用しない野菜や添加物を使用しない食べ物を見直す動きが活発になりました。
最近ではスーパーや百貨店へ行くと必ずといっていいほど農薬や添加物に頼らない食べ物が販売されています。
そういった食べ物を分類したコーナーも設けられているところもありますが、たいていは野菜であれば農薬の使用状況が記載されていたり、化学肥料ではなく有機肥料中心で栽培された野菜であることが記されています。
また加工品は法律の影響のおかげで原料の記載が細かくされており、購入する際にラベルなどを見れば添加物の有無がわかります。
現在はかなり農薬や添加物に対する配慮がされていますので、より多くの商品が安全になりつつあります。
これらは過剰に摂取すると危険ですが、時には必要な場合もありますので状況に応じて商品の購入をするのが望ましいようです。